読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruri's cooking

健康・美容・心のバランスを日々の食事で養う「養ベジ料理」をテーマに、摂りたい栄養素によって食材を組み合わせ、シンプルでおいしい味付けをしています🌿webマガジンIN YOUでレシピライターをしています。instagram @ruriscooking

旬の食材をつかうメリット

栄養素の豆知識

 

「旬」の食材を取り入れると季節感を感じる料理を作ることができます🌿

f:id:ruriscooking:20161010140640j:image

外食をする際にも、旬の食材がメニューに追加されるお店も多いですね🌙

 

では、旬のものを食べるということには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

旬というと

🌟その季節に採れるもの

🌟美味しい

🌟安く手に入る

という印象がありますが、実は栄養素も深く関係しています。

 

たとえば、冬が旬であるホウレンソウは、通年手に入る食材です🍃
しかし、夏のホウレンソウは冬と比べるとビタミンCが3分の1以下に減少しています⚡️

 

いまでは栽培方法の多様化から季節に関係なく

食べたい食材を手に入れることができるようになってきましたが

 

元を辿ってみれば人は旬のものを食べて生活していたのです🌾

 

旬のものにはその時々に必要な栄養素が含まれていて、旬のものを食べておいしく感じるのは遺伝子的に求めているからでもあるのです。

 f:id:ruriscooking:20161010140111j:image

 春は、芽吹きの季節で山菜類が旬です。

新陳代謝が活発になってくる時期に、山菜に含まれる苦味成分が老廃物排出し細胞を活性化してくれます。

 

夏は、水分を多く含むぶらさがり野菜が旬です。

からだに必要な水分やビタミンやミネラルが含まれていて、ほてりをしずめ、むくみをとってくれます。

 f:id:ruriscooking:20161010140212j:image

 

 秋は、根茎野菜やきのこ類が旬です。

これらの食材は水分は少ないものの多くの養分を蓄えているため、胃腸を整える、冬に備えて養分を貯蓄してくれます。

 

 冬は、根菜類が旬です。

新陳代謝が鈍くなる冬には、血のめぐりを良くして浄化する作用がある根菜類をとり、冷えた体をあたためます。

 

 

このように旬の食材は、春夏秋冬、季節ごとに変わる人間の体調の変化に合わせた栄養素を持っています🎃💫

 

細かい栄養素のことはわからない!というひとでも

 

食材を選ぶときに旬のものをとりいれることを意識するだけでも、

 

じぶんの体が必要としている栄養素を自然と摂ることができるようになります🍃🌟